ホテル業界ニュース20200819

ホテル業界ニュース20200819

■メルキュール京都ステーション(京都市下京区)」が9月16日にオープンする。
メルキュールブランドとしては国内6軒目となる。JR京都駅より徒歩8分、地上10階、地下1階建て、全225室。デザインコンセプトは「平安京、貴族の遊び」。同地がかつて平安京の敷地内であったことから想を得て、平安時代の貴族の遊びであった扇や琴、手毬、百人一首といったモチーフをデザインの随所に散りばめた。客室はコンパクトながらも、平安時代のモチーフが散りばめられたこだわりの空間。かんざしを象ったガラスの照明や、茶道具用のキャビネットを思わせるナイトテーブル、茶室の違い棚のようなウォールシェルフ、雪見障子をイメージしたテレビ周りの装飾など、随所に古の趣を感じさせる意匠を配した。2階から8階のスーペリアフロアには、京都伝統のお座敷遊び「投扇興」、9階以上のプリビレッジフロアには「駒遊び」と、アートワークやベッドフレーム、廊下のカーペット模様に至るまで、フロアごとにテーマが異なる。

■SHONAI HOTEL SUIDEN TERRASSE(山形県鶴岡市)は、リニューアルオープンした。
建築家、坂茂氏が設計を担当。周囲の景観に溶け込み、どこにいても田んぼの気配を感じられるデザインはそのままに、より滞在を楽しんでもらえる館内施設を増やした。リニューアル後の総客室は119室となった。複数の家族や友人など、4名~5名で利用できる客室も用意。廊下を挟んでつながった2つの客室が使えるコネクティングルーム、2つの寝室とリビングルームからなる、広々とした空間が特徴的なファミリールーム。どちらもプライベートな空間が確保されており、グループや家族での長期滞在にも最適な客室となった。今後は新たに「晴耕雨読の時を過ごす、田んぼに浮かぶホテル」をコンセプトに掲げ、施設の充実だけでなく、農業体験をはじめとする様々な体験プログラムを準備し、お客が思い思いのスタイルで滞在を楽しめるホテルを目指す。

■秋葉原ワシントンホテル(都内千代田区)に、eスポーツに特化した客室が登場した。
近年のホテルでのeスポーツの活用に着目。eスポーツが楽しめるコンセプトルームを提供し、eスポーツを通じた地域の活性化を目指す。コンセプトルームには、ゲーミングPCや最新のゲーミングチェアなどNTTe-Sportsが新たに秋葉原に開業する「eXeField Akiba」で採用しているものと同等のハイスペックなゲーム環境に加え、動画配信のニーズにも対応するアクセサリー機材等も配備し、泊まりながらeスポーツを好きなだけ快適に楽しめる特別な一部屋となっている。同ホテルは、1980年に創業し40周年を迎える今年、新しい宿泊体験の提供を通して、新たな文化の定着や地域の活性化に貢献する。

■アパホテル&リゾート両国駅タワー(都内墨田区)が開業した。
都内では最大規模となる地上31階建てで、客室数は1,111室。館内には、東京の景観を眺めながら食事を楽しめる鉄板焼き店や、この時期には欠かせない屋外展望プールなども完備。滞在そのものを楽しめる「アーバンリゾート」なホテル。「非接触型ホテル」として、チェックインは、QRコードを専用機にかざすだけで完了。チェックアウトも、ルームキーを専用のポストに投函するだけ。さらに、大浴場に人感センサーを設置することで、客室から混雑状況を”見える化”。人と人との交わりを極力減らした。インバウンドや国内旅行での集客が不透明な中、アパグループでは、テレワークの利用を見込んだ日帰りプランなども販売し、新たな顧客の獲得も狙う。

■ホテルこうしゅうえん(石川県輪島市)では、共有エリアを改装した。
展望スペースを充実させるとともに、ロビーを増床した。2階のオーシャンビューのギャラリースペースは床を改装し、ロビーとして一新。1階はロビースペースを拡充するとともに、エントランスホールにグレー系の落ち着いた色合いのじゅうたんを敷き、天井はシャンデリアを撤去、天井の高さを生かしたバックライト照明を採用した。正面玄関を抜けると日本海が見渡せる展望スペースとなっている。観光案内スペースは喫煙室に改装し、館内を全面禁煙にした。食事どころは部分改装し、半個室として利用でき、コンベンションホールは密を避けた食事や宴会会場とした。

■EJアニメホテル(埼玉県所沢市)が10月1日にオープンする。
場所は、複合施設「ところざわサクラタウン」で、室料は1泊2食付きで、1人19,800円。オープン時は人気アニメ5作品とコラボするという。「好きな物語に、泊まる。」をコンセプトに、アニメやゲーム、コミック、映画、特撮、アイドルなど、日本が世界に誇るコンテンツの世界観を演出する体験型ホテル。ホテル名のEJは「Entertainment Japan」を意味する。客室やフロント、ロビー、ホテル専用レストランなどは、ところざわサクラタウンの最上階にあたる6階に位置。用意される客室はスイート(1室)、ジュニアスイート(4室)、オルト・ジャパニーズ(和室4室)、デラックス(14室)、スーペリア(10室)の5タイプ・33室で、すべてコラボルームとして展開される。すべての客室に、150インチプロジェクターとサウンドバー、演出用スマート照明が備えられ、これらを使った映像、音響、ライティングの演出と室内装飾、オリジナルグッズなどによって「新感覚の宿泊サービス」を提供するとしている。そのほかエレベーターやロビーなどにも仕掛けが用意され、ホテル全体で非日常の世界を演出する。

━━━━━━━━━━━━━━━
ベッド ホテル シーツ ホテル ベッドカバー ホテル 枕 ホテル
ベッドスプレッド サータ 和室 ベッド ベッドスロー
大きいサイズ ベッド サータ ホテル マットレス
━━━━━━━━━━━━━━━

ホテル業界ニュースカテゴリの最新記事