和室にベッドやマットレスを置いて、落ち着ける和風空間作りを実現する方法~古民家リニューアル宿泊施設~

和室にベッドやマットレスを置いて、落ち着ける和風空間作りを実現する方法~古民家リニューアル宿泊施設~

最近、深刻化する空き家対策として、政府主導のサポートも大きく動きを見せていて、制度を上手く活用して、古民家を改装・リニューアルしてお洒落な宿泊施設、ホテル、高級旅館にするという事業があちこちで見られています。 そんなお部屋作りに参考になる事例をいくつか見てみたいと思います。

マットレスは、厚みのある「パーフェクトスイート」(片面立体ピローソフト仕様)。下部のボトム(ボックススプリングボトム)は、居住空間を少し低くするために、脚部を外しています。
寝具は「デュベ(白ストライプ)」で清潔感の溢れるベッドメイキング。
ピロー(枕)は「ホテルフェザーピロー」。
一流ホテルと高級旅館の中間的な、和洋折衷な素敵な部屋を実現できます。

これは通常の高さのベッドの状態ですが、ベッドは「ポケットハードタイプ」。
ベッドカバーは「デュベタイプ」(白ストライプ)で足元を巻き込んでいます。客室に入った瞬間に目に飛び込んでくる、足元をきっちり巻き込んだ「デュベ」の白ストライプは、「ちゃんとベッドメイクが仕上がってますよ」という、お客へのシグナルでもあります。 デュベは、洋室にも和風の部屋にも似合う高級感を醸し出しています。 やはり「白ストライプ」のベッドカバーは宿泊施設では王道ですね。

こちらの「ホテル羽毛ベッドカバー(デュベ)」は「白格子柄」です。「格子柄」は、「市松模様」ともいい、外国人観光客には「和」の空間として大変人気です。そういえば、東京五輪のエンブレムにも市松模様があしらわれていましたね。
ベッドは「ポケットハードタイプ(片面ピローソフト仕様)」。

造作工事のベッドフレームの上にマットレスをのせた事例です。「ライトブリーズピローソフトホテル」(両面ピローソフト仕様)。
ベッドカバーは「デュベタイプ」で「白無地」にしています。枕は「ホテルフェザーピロー(中サイズ)」。厚めのマットレスに真っ白のデュベの組み合わせは、チェックインしたお客様がすぐに飛び込みたくなる様なフワフワ感を醸し出しています。

「セミダブルサイズ x 2」のツインルームです。
ベッドは、ホテルの「ポケット標準タイプ(片面ピローソフト仕様)」。二台を連結して大きなベッドに出来る「ジョイント仕様」です。(ツインルームからダブルルームへの転換が簡単に可能です。)
上の寝具は、「ホテル羽毛ベッドカバー(デュベタイプ)」。枕は「ホテルフェザーピロー」をセット。ベッド下部のボトム(ボックススプリングボトム)は、脚部を外してセッティングしています。和・洋折衷的な上品な空間です。

和室にベッドを~動画編

和室にベッドの事例集

「和魂洋才」がコンセプトのお部屋の場合、ベッドを置くには背が高過ぎるし、布団だけだと背が低過ぎるというケースが多いので、両方のいいとこどりで、ベッドの「マットレス」と「ボトム」の脚部を外した状態でセットする事例が最近結構あります。現代の日本人は、洋風の高めの生活空間と、和風の低めの空間と、その両方に昔から慣れ親しんでいますので、その中間的な空間に、不思議と落ち着きを感じられる傾向にあります。ぜひ一度検証して試してみて下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━
ベッド ホテル シーツ ホテル ベッドカバー ホテル 枕 ホテル
ベッドスプレッド サータ 和室 ベッド ベッドスロー
大きいサイズ ベッド サータ ホテル マットレス
━━━━━━━━━━━━━━━

インテリアカテゴリの最新記事